ラミクタールは双極性障害やうつ、てんかんなどに使われる医薬品ですが、飲み始めの初期状態での皮膚障害には気をつけて生活しないといけません。ラミクタールを服用する際の注意点についてまとめてみました。

ラミクタールで皮膚障害の2016年5月記事一覧

  • てんかんと発作を抑えるラミクタールの副作用

    てんかんは子供によく見られる症状ですが、成人であっても、その症状に悩まされる人は大勢います。症状として、全身の痙攣や意識障害を発症することが多く、その症状は一時的なものですので、時間の経過とともに通常の状態に戻ります。 …続きを読む