ラミクタールは双極性障害やうつ、てんかんなどに使われる医薬品ですが、飲み始めの初期状態での皮膚障害には気をつけて生活しないといけません。ラミクタールを服用する際の注意点についてまとめてみました。

ラミクタールで皮膚障害の2015年12月記事一覧

  • ラミクタールは妊娠に影響するのか

    一般的な抗てんかん薬は、妊娠している女性が服用していると催奇形性のある薬が多く、奇形の子供が生まれるリスクが高くなります。 だからといっててんかん持ちの人が薬を服用する事を止めたらいつ発作が起きるか分からず、発作が起きる…続きを読む