ラミクタールは双極性障害やうつ、てんかんなどに使われる医薬品ですが、飲み始めの初期状態での皮膚障害には気をつけて生活しないといけません。ラミクタールを服用する際の注意点についてまとめてみました。

ラミクタールは妊娠に影響するのか

一般的な抗てんかん薬は、妊娠している女性が服用していると催奇形性のある薬が多く、奇形の子供が生まれるリスクが高くなります。
だからといっててんかん持ちの人が薬を服用する事を止めたらいつ発作が起きるか分からず、発作が起きる事によって胎児に悪影響を与える可能性もあります。
そのために、てんかん持ちの人は子供を持つ事を諦めた方が良い、などという意見もありました。
しかし、上手く調整する事によって抗てんかん薬を服用している人でも、妊娠した時の子供の催奇形率を薬を服用していない人と同程度にまで抑える事も可能です。
そのためには多剤投与している場合はなるべく利用する薬の種類や量を減らすなどといった調整などを行う必要があり、医師と相談した上で上手く調整して妊娠する事が大切となっています。
また、抗てんかん薬によっても奇形リスクの割合は変わってきます。
それでは抗てんかん薬の一つであるラミクタールは妊娠にどのように影響を与えるのかというと、単剤投与の場合はデータからでは薬を服用していない人と比べてほとんど差が見られなかったという報告があります。
他の薬との併用療法では催奇形率が上昇している結果がありますが、ラミクタールは抗てんかん薬の中でも比較的新しい薬であり、比較的副作用も少ない傾向があります。
ただ、こうした情報は出来る限り最新の情報を入手する事が大切です。
ラミクタールは抗てんかん薬の中では子供に与える影響は少ないようですが、抗てんかん薬を服用していて子供を作りたい女性の方は、勝手に自分で判断するのではなく医師に相談する事が大切である事には変わりないです。
てんかん持ちの人が妊娠して出産をするのは健康な女性の方よりも大変ですが、上手く調整すれば子供を作る事を諦める必要はないです。