ラミクタールは双極性障害やうつ、てんかんなどに使われる医薬品ですが、飲み始めの初期状態での皮膚障害には気をつけて生活しないといけません。ラミクタールを服用する際の注意点についてまとめてみました。

ラミクタールはてんかん発作の予防に効果的です

急に体が痙攣するという経験をした方というのは多いでしょう。しかし、それが頻繁におきるようですと、てんかんという病気の可能性があります。てんかんには痙攣のほかに、体がうまく動かなかったり、気を失うなどの症状が出ることもありますので、大変危険なものです。何か大きな事故を起こす前に、そういったてんかんに由来する発作が出たときは、医者に相談するようにしましょう。
てんかん発作を予防するためには、ラミクタールなどの抗てんかん薬が非常に効果的です。ただし、ラミクタールなどの抗てんかん薬はハイリスク薬ですので、お医者さんによる処方箋が必要になります。薬は用法を間違うと毒にもなりえる代物です。お医者さんの処方に従い、正しい用法で服用するようにしましょう。ラミクタールは気分安定薬ですので、てんかん発作だけでなく、うつ症状の予防にもなりうる薬です。そういったうつの症状に悩まされている方も一度試してみる価値がありそうです。
自分で出来るてんかんに対する予防策ですが、てんかんは、光の刺激に起因することが多いことで知られています。
日々の生活において、出来るだけ光による刺激を受けない工夫をすることが大切です。
また、アルコールもてんかん発作の原因となりうるものですので、過度の飲酒をしないこともてんかんの予防においては大事です。
そして、身体的、精神的に関わらず、ストレスというのもてんかんにおいては当然よくありません。
何かとストレスの多い社会ですが、出来るだけ精神的、肉体的に健全な生活を送るようにしましょう。
てんかんに悩ませられている方も、こういった健全な生活を送り、ラミクタールなどの抗てんかん薬を服用することで、てんかんともうまく付き合っていけるはずです。