ラミクタールは双極性障害やうつ、てんかんなどに使われる医薬品ですが、飲み始めの初期状態での皮膚障害には気をつけて生活しないといけません。ラミクタールを服用する際の注意点についてまとめてみました。

ラミクタールとてんかんと自閉症による気分の不安定

てんかんは大きく分けて二種類あり、脳の一部から始まるものと脳全体から始まるものがありますが、症状や子供に発症するものあり、タイプも分類されています。症状が限定的なものが部分発作で、意識を保つこともあります。しかし、全般発作は意識を失うことがあります。ラミクタールはてんかんの発作を予防する薬で、部分発作の他にも幅広く有効とされています。ラミクタールは単独でも用いられることがありますが、他の薬と併用されることも多いです。他の薬との飲み合わせの相性があるので、医師の処方はきちんと守りましょう。
また、ラミクタールはてんかんの他にも、双極性障害の気分安定剤に意にも使われます。メンタルヘルスの病気、自閉症から併発するうつ状態などにも使われることがあります。ただし自閉症は改善するために他の治療薬がメインとなりますので、自閉症のかたやそのご家族は、ラミクタールの使用には十分な注意も必要となります。
ラミクタールが日本で販売されるようになったのは2008年で、日本で使用されるには比較的歴史の浅い薬となります。また、海外でも幅広く使われるような薬ではありません。医師の処方箋なしには入手できませんが、副作用の報告もありますので、処方された場合にはきちんと確認をとることをおすすめします。歴史は浅いためにデータも少ないです。ですので海外でも妊婦や子供には特に慎重に投与するという考えです。少しでも副作用が見られるようでしたら、すぐに医師や薬剤師に報告をしましょう。また、事前にどのような薬であるかを確認をして飲みたくないと思われる方は、その旨を事前に医師に伝えるのもいいでしょう。伝える勇気というのも現在では大切となります。